葬儀

社葬と一般の葬儀の違いは?

社葬とは施主が個人ではなく故人が所属していた会社となっており、企業の経費で葬儀が執り行われることだとされています。そのため葬儀としての規模も大きくなることが一般的であり、参列者も故人の関係者だけではなく会社の関係者など幅広い関係者が参列するようになっています。
そのため社葬と一般の葬儀の違いとしては何かと言うと、施主が会社であるのか家族であるのかと言うところが大きなポイントになっています。それ以外にも一般の葬儀は故人の死を悼んでその別れを惜しむと言うところが大きな趣旨となっているのですが、社葬の場合はそれだけではなく故人を企業に貢献した人物としてフィーチャーするという趣旨を持っています。そうすることによって企業そのものを参列者に対してアピールする事ができる場として考えられており、一般的な葬儀と比較すると社会的な意味合いの方が強く見られる傾向があるというところも大きな違いであるとされています。