葬儀

葬儀をするにあたって

人の命は尊いものです。葬儀は故人との最期のお別れの場です。
日本では、旧石器時代頃から死者を葬るという儀式で行われ悲しみの場として捉えて居る事が多いですが、他の国では故人の新たな門出として盛大に明るく行われている国もあります。また、宗教の概念によって意味合いが変わってきます。故人の宗教観や参列者の感じ方によって多少意味合いが変わってきますが、日本の場合は故人を偲ぶため、死者を送り出すため、残された者のために行う事が主な意味合いになっています。
宗派が違うと異なりますが、前夜に行われてるお通夜は死者とのお別れと共に死者を魔物から守る魔除けとして行われます。そのためお通夜は、誰かが一晩遺体に付き添って線香を絶やさずを灯を灯し続け魔除けとして死者の胸元に刀を置いておきます。
そして葬儀当日は火葬されることがほとんどですが、故人が旅立ってあの世でも寂しくないように故人が愛好していた物などを棺の中に入れて、遺体と共に火葬することが今日行われています。
葬儀を行うには生と死を学ぶ場でもあります。死とは他人からしか学べないので葬儀をすることで遺体と直面し死とは何かと考えさせられる場となります。