葬儀

案外知らない葬儀の「焼香」

仏式の葬儀では焼香を行うことになりますが、この焼香の作法についてはあまり知られていないのが現実です。
「周りの人と同じようにすればよい」と考えている人も多いですし、実際他の人の様子をみて真似ればおおよそ問題は無いでしょう。
ただ実際には正式な作法がありますから、覚えておいて損はありません。
ではその作法としてはどうなるのかと言うと、これは宗派によってかなり大きく変わります。
ただ最も多いのは抹香をつまんでから自分の額に当てて香炉に落とすという動作を3回繰り返すもので、真言宗と日蓮正宗はこれが正式な作法とされています。
また浄土宗も1~3回、日蓮宗は1回か3回繰り返すというようになっていますから、もし宗派が分からない場合は3回行うのが最も無難となります。
ただ例外となるのが曹洞宗と臨済宗で、曹洞宗は1回目は額に当てて2回目は額に当てずに香炉に抹香を落とす、臨済宗は1回だけ抹香を額に押し当ててから香炉に落とすといったように決まりがあります。
もし葬儀に参列する場合は、可能な限りその宗派を調べて焼香のマナーを調べておくことをお勧めします。