葬儀

斎場についての知識

斎場とは、故人の葬儀一式の儀式を取り行う場所の事です。

昔のように葬儀を自宅で行う文化というのは急速に後退し、現在は葬儀専門の施設を利用するのが一般的であり、この施設を斎場といいます。

他にも葬儀場・葬祭場・セレモニーとも呼ばれたりします。

大きく分けると地方自治体が運営の母体となっている公営斎場、民間企業が運営している民間斎場とに分かれますが、寺院や教会という場合もある等、その意味も多様化しているといえるでしょう。

一般的には斎場と火葬場というのは分けて考えるものですが、施設によってはどちらも同じ建物内部に併設されている場合が多いといわれており、利用者の都合も併せ移動もなく済ます事が出来メリットともとらえているようです。

遺族にとって突然の悲しみに浸る時間もなく、慣れない葬儀に臨むにあたって、このようにわかりやすい施設を利用出来るのは、大変理に適っているのかもしれません。

しかしながら施設の建設にあたっては、地域の理解を得るのが難しく、トラブルになるケースも多いといわれています。

近くにない事は現在の世の中にとってとても不便ですが、建設となるとまた難しい問題といえるでしょう。