お焼香の意味合いと行い方

お焼香は仏式の葬儀や法事で行われる、香を焚く行為の事です。心身の穢れを香を通じて取り除き、清浄な心を以って手を合わせる為の下準備の意味合いがあります。また近代的な保存技術が発達する以前でドライアイスが無かった頃には、遺体から生じる臭いを消す・包み隠す目的もあったとされています。
一般に葬式・法事は仏式で行われるケースが最も多く、伴って参列する際にお焼香が求められる可能性も高いと言えます。そこで知って置きたいのが、お焼香のやり方・作法です。
基本的にはまず、右手の親指・人差し指・中指の3本指で香を少しだけつまみます。其れを額のところまで掲げた後、香炉の炭のところの少し上から静かに落とすという手順を取ります。
回数は3回という場合が多いですが、宗派によって回数が異なったり、額に掲げる動作が省略されるケースがあります。その為、宗派に合った作法を事前に調べて置くのが望ましいと言えます。また葬儀・法事の進行上の都合で、回数が指定されるケースが近年は見られます。その場合は、案内に従う事とします。