お布施の意味合いについて

お布施というと、故人の戒名をつけていただいたり、お経をあげてもらったときに、お坊さんに対して幾らかのお金を包むという行為や、そのお金として定着をしていますが、お布施には仏教では、法施、財施、無畏施という三種類の意味が存在します。
そしてこの、お布施の本来の意味は、できるだけ他人に自分が所持しているものなどを施すということになります。
お布施とは、仏様の教えを聴かせていただいたことに対して、ありがたいという気持ちを表すものになります。
そのために、お葬式や法事を執り行ったことについてお寺やお坊さんにお礼の気持ちを示したり、祈祷や、祈願をしてもらうために包むものも、全部お布施であるということになります。