一般的な香典返しのマナー

香典返しは、葬儀の際に香典をいただいた人にお返しするギフトであり、一般的には金額の半分程度の品を目安として用意する半返しで利用されています。
葬儀の日に合わせて用意しておかなければならないものとして、会葬お礼があります。これは、包んでもらった金額の関係なく全員にお渡しするものであり、500円から1000円程度の品が選ばれています。これは、挨拶状と一緒に用意するものであり、香典返しの予算とは別に考えなければなりません。ハンカチなどのちょっとしたものがよく利用されています。
会葬お礼と一緒に、近年では葬儀の場で香典返しを渡されることも多くなりました。金額に関わらず、全員に2000円~3000円程度の品をお渡しすることになります。後から金額によって香典返しを選んで送るという手間もないのですが、高額な香典をいただいてしまった場合には、差額分を四十九日の法要後に香典返しとして再び送られることも多いものです。