法事

香典返しをする時期は

まず香典返しとは、お通夜や告別式に故人に供えて頂いた金品に対してお返しをすることです。
香典返しといいますが、お香典は当然ですがお花や弔電、お供え物などもこちらに当たります。
その時期は、四十九日を過ぎた後と言われています。
一般的には忌明けとされる時期です。
葬儀や通夜に参列していただき、また故人の生前には大変お世話になった方たちに感謝を込めてお返しをします。
宗派にもよりますが、熨斗には故人の戒名を付ける場合もあり一緒に挨拶文も入れておきます。
地域により、熨斗の書き方は変わりますが使用する熨斗紙は黒白の結びきりが多く使われます。
お返しの目安は、頂いた額の半分にするのが一般的になります。
また、告別式などで香典返しを辞退されるケースも時にはでてきます。
仮に辞退されても、お気持ちだけを頂いてお返しを贈ることはマナー違反にはなりません。
親しい人ならば、香典返しの代わりに食事などでお返しをしても大丈夫です。