お葬式

葬式で渡される会葬お礼

葬式では香典を持参することになりますが、そのお返しとしての香典返しは四十九日が過ぎた後に渡されるものです。近年では葬式の当日に香典返しが渡されるということも多くなりましたが、後日香典返しが渡されるとしても葬式の日に用意されているのが会葬お礼です。
会葬お礼は、来てくれた人全員に渡されるものであり、包んだ香典の金額に関係なく全ての人に同じものを渡されることになります。これは、500円~1000円程度のちょっとした品が入っており、ハンカチやお茶などが多く利用されています。ここに、お清めのための塩と挨拶状がついていることになります。
香典返しでは、いただいた香典の半額程度の品を用意する半返しで利用されていますが、その予算には会葬お礼の費用は含まれていません。香典を持ってきてもらったかどうかに関わらず、故人に会いに来てくれたお礼として用意されるものであり、急に亡くなった場合であっても葬儀会社で早急に手配してもらうことができます。