位牌の処分方法について

葬儀の際に、祭壇の上に置かれて、忌明けまでの49日間仏壇に置かれる白木位牌は、魂を本位牌に移したあとは処分されることになります。その処分の方法は、菩提寺や法要に来てくれた僧侶にお炊き上げをしてもらうか、仏具店で回収してお炊き上げをしてもらいます。浄土真宗では、本来位牌は準備しないという考え方があるため、お寺によっては対応してくれないこともあり、その場合には、仏具店でお願いします。
稀に、僧侶としての資格だけを持っていて、お寺に属していないという方もいるため、場所がないということでお炊き上げが出来ないこともあります。
本位牌を処分するタイミングというのは、新しく買い替えたり、弔い上げや引っ越しなどで古いものを整理しなければいけないなど場合など整理しなければいけない事情が出てくる可能性があります。その場合には、菩提寺や法要をお願いしている僧侶に魂抜きをお願いし、お寺か仏具店でお炊き上げをしてもらいます。