葬儀の具体的な流れ

誰か大切な人が亡くなった時、その瞬間から葬儀の段取りはスタートします。とても辛い感情を抱えながら段取りをするのは苦しみが伴いますが、きちんと送ってあげるために必要なことです。
病院で息をひきとった場合は、まずご遺体を自宅なりに搬送しなければなりません。葬儀屋さんに車の手配をお願いするのが一般的ですが、この時になって慌てないように事前にできれば準備をしておくと良いです。ご遺体を運び終えたら通夜と告別式の日程を決め、近親者への連絡を済ませます。喪主を決め通夜から告別式の流れ、受付のことなどもよく打ち合わせをする必要があります。通夜、告別式が済めばご遺体を荼毘に付します。親戚一同が集まっているこのタイミングで、待ち時間の間に次回の法要の打ち合わせなどを済ませておくと良いです。
現在では拾骨の後、初七日法要を済ませておくのが一般的です。次の大きな法要は四十九日法要となります。
葬儀は故人のためのものであると同時に、残された人が悲しみの中でも前を向く機会でもあります。しっかりと送ってあげたいです。