お布施を渡す際のマナー

お布施を僧侶に渡す際には、気をつけておきたい葬儀やお葬式に関してのマナーがあります。
まず、合同や個別の法要の場合は、法事法要の前後で僧侶への挨拶を兼ねて渡し、葬儀の場合は式が始まる前に、僧侶に挨拶をする際に渡すのが望ましいです。
しかし、会葬者への対応などで時間が取れなかったときは、式が終わってからお布施を渡しても構わないとされています。
そしてお布施を渡す際は、切手盆と呼ばれる黒いお盆にのせて渡すのがマナーだと言われています。
渡し方の手順はまず、絵柄や家紋がある場合は切手盆を自分のほうへ向けて置き、自分が文字を読める向きにして切手盆の上にお布施をのせます。
次に、僧侶から見て文字が読める向きにし、読経が終了したときにお礼を述べながら僧侶へ差し出します。
もし、お盆が用意できないときは、袱紗と呼ばれる風呂敷に包んで渡しても構わないとされています。
包み方は、ダイヤの形になるように袱紗を広げ、中央より右側にお布施を置いて、右、下、上、左の順に包みます。
僧侶へ渡す際は袱紗から取り出し、袱紗の上にのせて僧侶へ渡すのがマナーです。

香典袋の表書きの書き方には決まりがあります。

香典袋の表書きには筆や筆ペンを用い、通夜や葬儀に参列する場合には必ず、薄墨で書きます。ただし、法事の場合には濃い墨を使って書いても良いことになっています。

また、香典袋の表書きは故人または、喪主の信仰する宗教に合わせて書きます。
「御霊前」は一般的に、仏教の通夜や葬儀の場合、その後、49日よりも前の法要で使われ、
「御仏前」は一般的に49日を過ぎてからの法要に使われます。

但し、浄土真宗の葬儀では「御仏前」を使用し、キリスト教式の場合は「お花料」、神式の場合は「御玉串料」が一般的に使われています。宗派がわからない場合は「御霊前」を使用しても問題ありません。

表書きの下段に自分の名前をフルネームで書きます。

<PR>住宅リフォーム総合情報 / アフィリエイト相互リンク / 女性向けエステ.com / 健康マニアによる無病ライフ / クレジットカードの即日発行じゃけん / 生命保険の選び方 / 生命保険の口コミ.COM / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 工務店向け集客ノウハウ / 心の童話 / 童話 / 初値予想 / オーディオ / 女性の人生 /